© 2018 by PACIFICRIMSPORTS

  • Hokkaido Shiretoko Peninsula Sea kayaking

    日数:7日/7days

    基本費用(Cost)

    ¥150,000/3名様   150,000JPY/per person  3people 
    ¥230,000/2名様      230,000JPY/per person  2people


    ※ガイドフィー、カヤックレンタル、カヤック装備レンタル、ツアー中の食事、ガイド経費

    ※Guide fee,Kayak rental,Kayak equipmens rental,All meals in tours,Guide expence fee.

     

    開催場所:DESTINATION

    北海道・知床半島 : Hokkaido prefecture Shiretoko Peninsula

     

    集合場所:Meeting point

    女満別空港:Memanbetsu Airport

     

    集合時間:Meeting time

     10:30

     

    • TOUR INFO

      北海道・道東にある知床半島は日本に残された最後の野生地域でありこの地固有の豊かな自然が広がります。ウトロを始めとする西海岸は人を寄せ付けない断崖が続きシーカヤックならではの機動性を活かしてこのダイナミックな海岸線をじっくり辿ります。また風の半島と知られるこの半島は常に風のリスクにさらされカヤッキングスキルだけでなく、総合的な判断力や生活技術が必要される場所でもあります。またヒグマを始めとする野生動物が数多く生息エリアであり、自然環境と文明との調和が必要とされる場所でもあります。初夏の道東の海をシーカヤックでぜひ楽しみましょう。

       

      Shiretoko Peninsula, located in the eastern part of Hokkaido, is the last wild area left in Japan. Utoro and other parts of the West Coast are lined with cliffs that keep people out of the way, and this dynamic coastline is carefully followed by the unique mobility of sea kayaks. Also known as the Windy Peninsula, this peninsula is constantly exposed to the risk of wind and requires not only kayaking skills but also comprehensive judgment and lifestyle skills. It is also home to many wild animals, including brown bears, and is a place where harmony between the natural environment and civilization is required. Let's enjoy the eastern sea in early summer at sea kayak.

    • ツアーに含まれるもの:INCLUSION

      • プロフェッショナルガイドサービス
      • 全てのカヤッキングギア
      • ツアー中の食事(1日目夕食から5日目朝食まで)
      • 女満別空港からの交通手段
      • Professional guiding service
      • All kayaking equipment
        (including kayaks, PFDs, paddles, pumps, sponges)
      • Meals (lDinner day 1 to Breakfast day 5)
      • Means of transportation during local activities

       

      以下ツアー料金に含まれないものです。

      • 女満別空港までの往復交通費
      • アルコールや嗜好品
      • キャンピングギア(テント、シュラフ、マット)
      • スプーン、フォーク、皿、ボウル
      • 着替え、洗面用具

      Not include

      • Flights, airport transfers, ferries, taxis,
      • Travel/medical&activities insurance
      • Alcoholic or carbonated beverages
      • Camping gear(Sleeping bags,Sleeping matt,Tent)
      • Spoon, dish, bowl,
      • Personal items (toiletries, clothing, etc.).

       

    • 予定:ITINERARY

      1日目

      女満別空港に集合し約2時間程度で出発地点である斜里町へ向かいます。午後には翌日のツアーに向けた準備とパッキングをします。

       2〜6日目

      朝一番から本格的なツアーのスタートです。ウトロを出発して東海岸の相泊を目指します。

      天候と海の状況に応じて海岸線を辿りキャンプ適地でのキャンピングになります。

      6日目午後前にはツアーを終了し、パッキングを解いて斜里町へ移動します。斜里町到着後は近隣の温泉に入浴し6日間の汗と焚火の香りを落とします。斜里町にて一泊します。(なおこの6日目は予備日となります。)

      7日目

      朝一番で女満別空港に移動し空港にて解散となります。

      予定に関して集合場所や集合形態などで何かリクエストやご不明な点があればご遠慮なくご相談ください。

       

      Day 1
      We will meet at Memanbetsu Airport and head for the starting point, Shari Town, in about 2 hours. In the afternoon, We prepare and pack for the Tours

      Days 2 to 6
      The full-scale tour starts  in the early morning. We will leave Utoro and aim for the east coast.

      Depending on the weather and sea conditions, you can travel along the shoreline and camping at the right place.

      Day 6

      Before noon, the tour ends and we unpack and move to Shari Town. After arriving in Shari Town, you take a bath in a nearby hot spring and remove the smell of sweat and fire for 6 days. We will stay overnight in Shari town. (This 6th day is a preliminary day.)

      Day 7
      We will move to Memanbetsu Airport and break up at the airport.

      Please feel free to contact us if you would like to discuss your travel plans in more detail.

    • 装備:EQUIPMENT

      シーカヤックは基本的に防水性がありますが、ハッチから少量の水が入り込むことがあります。雨が降ったり、転覆した際に入水しないようできるだけ防水性を保ちます。 ドライバッグと呼ばれる防水性の収納袋にコンパクトに収納することで対応します。

       

      防水バッグは寝袋または15リットルより大きくないように注意してください。いくつかの小さなタイプ5L程度に小分けにするのが最適です。5リットル、10リットルのドライバッグをレンタル可能です。5リットル程度の防水バッグは、カメラ、日焼け止め、サングラスなどの小物を保管するのに適しています。

       

      Sea kayaks are basically watertight, although small amounts of water may get in through the rudder lines and hatches. In the event of rain or capsized kayak in the water we try to keep things as waterproof as possible. We will try to prvide waterproof storage bags also known as ‘dry bags’ If you prefer to bring your own dry bags, please note the largest bag should not be larger than a sleeping bag or 15 litres; several small bags about 5L are best. We will rent one 5 litre, one 10 litre dry bags for you to pack into if you need it. The 5 litre bag is good for storing small items such as cameras, sunscreen, suglasses, etc. 

       

      • 気温について

      気温は6月で一般的には10〜15℃前後になります。海水温は10℃以下で低温になります。上陸後はコンディションが良ければ快適なキャンプを楽しめます。しかしながら雨天や風の影響を受ける為その場合は気温は大きく下がり10℃以下になる場合もあります。天候は大きく変更しますので装備やウェリングは十分対応できるよう備えておいてください。

       

      • Climates

      The temperature is generally around 10-15 ° C in June. The sea water temperature is low below 10 ° C. After landing, you can enjoy a comfortable camp if the conditions are good. However, because of the influence of rain and wind, the temperature may drop significantly below 10 ° C. The weather will change significantly, so be prepared to support equipment and waling.

       

      以下は持参していただく装備のアドバイスです。

      The following is a list of suggested items to bring along. If you have any concerns or questions about the list, please don’t hesitate to contact us.

      • スリーピングバッグ-3シーズンの化繊タイプが推奨されます。ダウンタイプはコンパクト性に優れていますが、防水には細心の注意を払ってください。
      • Sleeping bag – A 3-season synthetic bag is recommended. Down bags will work but please take extra care to waterproof. 
      • ウォーターシューズ-丈夫な丈夫なサンダルタイプ(Keens、Tevas、Chacosなど)、ネオプレンのブーツ、crocs、または濡れても良いスニーカー
      • Wetshoes – A pair that can get wet such as sturdy full strapped sandals (such as Keens, Tevas or Chacos), neoprene booties, crocs, or rubber boots. Please avoid flip-flops/thongs. Spirit of the West has a wide range of rubber boot sizes (youth – men’s size 13) available to borrow free of charge if you don’t have your own wet shoes or have limited space in your luggage. There will be an opportunity to try on boots at the pre-trip meeting.

       

      • 上陸時のシューズ-スニーカータイプをご用意ください。トレイルランニングシューズは登山にも使えるのでおすすめです。
      • Camp footwear – An additional pair of footwear that you plan to keep dry. Runners, trainers or light hikers are great.

       

      • 帽子-化繊のアウトドアブランドのベースボールキャップ、ひさしのあるタイプの帽子、夜寒くなった時様にウールもしくはフリースタイプのニットキャップもあると良いです。
      • Hat – A sun hat such as a baseball hat or full-brimmed hat as well as a wool or fleece warm hat for evenings or cooler days.

       

      • サングラス&日焼け止め-ジップロックなどに入れて保管してください。日焼け対策は必須です。サングラスは落水防止用にグラスコードを装着することをおすすめします。
      • Sunglasses & sunscreen (stored in a Ziploc bag) – A must for protection from sun and glare off of the water. Safety cords on your glasses are highly recommended.

       

      • ヘッドランプ-スペアのバッテリーを用意してください。
      • Small flashlight or headlamp – With spare batteries. 

       

      • カメラ&iphone-厳重に防水バッグに入れるようにしてください。
      • Camera – In a waterproof bag or case, or you may use our dry bags.

       

      • その他個人装備-アメニティー
      • Personal items – Toothbrush, toothpaste, biodegradable soap/shampoo, washcloth, feminine hygiene products, hairbrush, etc.

       

      • 常備薬
      • Medication 

       

      • 虫除け
      • Mosquito repellent 

       

      • ウォーターボトル-ナルゲンボトルやサイクル用ボトル1L以上
      • Water bottle – Bike bottles or Nalgene-style bottles work best.

       

      • グローブ-バイク用のグローブは手にマメができるのを予防できます。
      • Gloves (optional) – Biking gloves work well to protect your hands from blisters.

       

      • 飲み物-ツアーの食事ではお茶やコーヒーをこちらで用意しています。ご自身でソフトドリンクやアルコールをご用意ください。アルコールの摂取はご自身の責任でお願いします。基本的には飲酒によるカヤックの操船はリスクが高いので禁止させて頂いております。
      • Beverages – We supply a teas and coffee . You are welcome to bring along soda pops or alcoholic beverages if you choose to. Please note however that we do expect our guests to consume alcoholic beverages responsibly and strictly enforce a no alcohol on the water policy.
      •  
      • 双眼鏡
      • Binoculars (optional)
    • White Instagram Icon
    • ホワイトTwitterのアイコン
    • White Facebook Icon