• Sea kayaking Guide & Leadership Course

     

    日数:12日/12days

    基本費用 Cost

    ¥270,000/3名様以上 270,000JPY/per person 3people


    ※講習費、カヤックレンタル、カヤック装備レンタル、共同装備、ツアー中の食料、施設利用代込み

    ※Lesson fees,Kayak rental,Kayak equipmens rental,All meals in tours,Facirities fee、Outdoor activity insurance include.

     

    開催場所:DESTINATION

    三重県度会郡南伊勢町 : Mie prefecture Minami ise

    北海道知床半島:Hokkaido prefecture Shiretoko peninsula

    • About Couse

      シーカヤッキング・ガイド&リーダーシップコースは、紀伊半島三重県、北海道・知床半島を中心に総合的なシーカヤッキングスキル、アウトドアスキル及びリスクマネージメントを習得することを目的に開催しています。エクスペディショントリップでの航海では約50kmをチームで航海します。全12日間のコースを修了することでシーカヤックの基本的なスキルだけでなく、アウトドアでのリーダーやガイド、インストラクターになるための基礎的な内容を学ぶことができます。

       

      The sea-kayaking guide and leadership course is held to acquire comprehensive sea-kayaking skills, outdoor skills and risk management, mainly in the Kii Peninsula, Mie Prefecture, and the Shiretoko Peninsula in Hokkaido. The sailing distance is 50 km. After completing the 12 day course, you will be able to learn not only the basic skills of sea kayaking but also the basics of becoming an outdoor leader, guide and instructor.

       

    • INCLUSION

      Inclusion

      • 講習費
      • 全てのカヤッキングギア
      • ツアー中の食事、食料
      • 施設利用代
      • Professional lesson service
      • All kayaking equipment
        (including kayaks, PFDs, paddles, pumps, sponges)
      • All Meals 
      • Facirities fee

       

      以下ツアー料金に含まれないものです。

      • 現地までの往復交通費
      • キャンピングギア(テント、シュラフ、マット)
      • キャンピングカトラリー
      • 着替え、洗面用具

      Not include

      • Flights, airport transfers, ferries, taxis to meeting point
      • Travel/medical&activities insurance
      • Camping gear(Sleeping bags,Sleeping matt,Tent)
      • Spoon, dish, bowl,
      • Personal items (toiletries, clothing, etc.).
    • SCHEDULE

      Day1

      現地に集合し自己紹介、コースの目的及び目標の確認、習得すべき項目の確認を実施します。また午後からは翌日からトレーニングトリップのための道具の準備などを実施します。

       

      Day2-3

      基礎的なパドリングテクニック、カヤッコントロールテクニック、各種レスキュー方法の確認をします。またキャンピングスキルの確認や装備の確認などエクスペディションツアーを想定した準備とスキルの確認を実施します。

       

      Day4-6

      基本的なシーカヤックトリップの基本的な流れを基礎スキルの確認をしつつ個人及びグループでの安全管理を実践の中で学び、都度改善してもらいます。全ての項目において基本的な方法を確実に実践することにフォーカスしています。

       

      Day7-10

      ツアーの中でリーダーシップとフォローワーシップを発揮して、より変化のある環境で安全を確保しつつONE TEAMになるための意識決定を実践してもらいます。各自がリーダーまたは他の役割を担うことでロールプレイの中からグループマネジメントを失敗とフィードバックを重ねることで学んでいただきます。

       

      Day11

      エクスペディションツアー最終日になります。ゴール到着後はツアーの振り返りを実施します。各自が自分自身を評価し、また他者、グループへフィードバックすることで課題の抽出や今後につながるミーティングを実施します。

       

      Day12

      解散日

       

      Day 1

      Pre-trip meeting at AM (unless otherwise directed) at the Meeting point. After a brief meet and greet with your instructors and fellow students, we will discuss the course and students’ goals and expectations. We’ll spend the evening before preparing, planning, and packing food and equipment for our expedition.

       

      Days 2-3

       Our first day on the water will include basic paddling stroke technique, an introduction to the wet exit and a short paddle to our first wilderness camp. We will also look to complete our first course. As a group we’ll learn and practice paddle strokes, maneuvers, and rescues.

       

      Days 4-6

      We will focus on technical skill instruction and development. Days will be spent in the field addressing points of the course curriculum. Students will plan the route and destinations in advance, with flexibility incorporated into the day-to-day route and itinerary. This will provide for many opportunities and teachable moments related to judgment and decision-making. We aim to spend 6-8 hours daily on skill development and traveling our route, with time spent on shore participating in lessons, problem solving activities, and discussions and debriefs.

       

      Day 7-10

      We will focus on leadership, judgment and decision-making development. The group will continue to tackle paddling objectives. Participants will have the opportunity to be in leadership roles, develop teaching styles, and be active participants in group decision-making and safety management.

       

      Day 11

      Arriving to goal. we will have final evaluations. Students will be evaluated, by their instructors, on their understanding and completion of curriculum.

       

      Day 12

      Finish of the course

    • DATE

      2020年6月〜11月 2020.Jun,〜Nov.

    • CARRICULUM

      このプログラムはシーカヤッキングツアー&エクスペディションを通じて大きく変化するアウトドアフィールドにおいてより安全に楽しむために必要なリーダーシップやフォローワーシップ、グループマネージメントを学び、ガイドやインストラクターに必要なマインドセットやスタイルを学びます。

       

      変化の大きい環境の中での学びはより効果的なものになり、形式にとらわれない形での講習はインストラクターからの学びだけでなく参加者同士の学びも大きいと考えます。インストラクターからは基本的な学習プロセスを提示しますが、最終的には自分達自身で様々な状況下で積極的に意思決定し、主体的な取り組むをすることでより多くの事が学べるスタイルになっています。参加者には積極的かつ意欲的に参加する事が求められます。参加するにあたってはアウトドアでのスキルや経験、体力以上に参加するモチベーションが最も重要なポイントになります。以下にコース全体を通じて学ぶスキルや考え方を提示しています。

       

      This proglum nurtures leadership development and creates an awareness of the guiding mentality essential for leading safe, fun adventures in the wilderness. The combination of technical skills training, experiential education and practical leadership experience.We believe that experiences drive our learning, and therefore we use formal and informal classes taught by both instructors and students. Instructors are eager to help facilitate the learning process, but, ultimately, how much you learn will be dependent upon the amount of effort you put into the course.
      A detailed curriculum will be provided at the beginning of the course. Below is a partial list of curriculum points that will be covered throughout your course.

       

    • GENERAL SKILL

      総合スキル

       

      ・リーダーの実践

      リーダーを現場で実践することで多くのことを学ぶことができます。様々な失敗を経験することやリーダーシップのスタイルを学びます。

       

      ・意思決定

      大きく変化する現場の中で効果的な意思決定や判断のスピード学びます。

       

      ・ツアーをデザインする

      様々なリスクのある中でより安全にかつ効果的に各種スキルを習熟するために、このコースの目的や目標をよく理解して取り組んでいただきます。

       

      ・ロジスティックス

      長期のエクスペディションでは効果的な食料計画や輸送手段の確保が必要になります。ツアーやエクスペディションを安全に実施するための基本的な考え方を実践を通して学びます。

       

      ・コミュニケーションスキル

      様々なバックボーンを持つメンバーで同じ目的、目標を持って行動する際に必要なグループダイナミクスへの理解やグループマネージメントに必要なコミュニケーション方法を学びます。

       

      ・ティーチングスキル、コーチングスキル

      より安全にツアーやエクスペディションを実施するためにメンバーに対して改善すべきスキルや考え方を現場でより効果的に伝え、改善する方法を学びます。

       

      ・エクスペディションとグループダイナミクス

      長期間同じメンバーで同じ目標、目的を共有しながら行動する際には必ず人間関係の摩擦や葛藤が起こります。よりストレスのかかった環境下で他のメンバーの立場になって考えられるか。実践の中でONE TEAMになるためのプロセスを学びます。

       

      ・キャンピングスキルとマネージメント

      より効果的に休息することで疲労の蓄積を軽減することは長期のエクスペディションやツアーにおいては重要なスキルです。

       

       

      General skill

      ・Leader of the Day: Opportunities to lead the group will be abundant and you’ll have the time to learn and practice multiple styles of leadership.

       

      ・ Situational Based Decision Making: Over the course of 12 days, we’ll discover ways to make effective and safe decisions in the field.

       

      ・ Focused and “Big Picture” Awareness: Learn to identify objective and subjective hazards in a backcountry setting.

       

      ・Logistics: Develop the ability to efficiently plan and pack for an extended expedition in the backcountry.

       

      ・Communication Skills: Learn to communicate to a wide variety of audiences and provide constructive and appropriate feedback during daily group debriefs.

       

      ・Teaching and Lesson Plans: You’ll have the opportunity to develop lesson plans, teach in front of the group, and learn the importance of progressions for teaching technical skills and leadership.

       

      ・ Expedition Behavior and Group Dynamics: As this course is a true wilderness expedition, interactions between group members need to be supportive and contribute to the efficacy of the group. Learn the finer points of teaching these facilitation skills.

       

      ・Camp Set-up and Maintenance: Mastering these essential skills will prove valuable whether you are pitching a tent in gale force winds or melting snow for drinking water.

       

      ・ Nutrition and Cooking: A healthy diet is vital for maintaining energy throughout an expedition. Learn to appropriately prepare nutritional and tasty backcountry meals.

       

      ・Navigation: Learn how to take a bearing, read a topographical map, triangulate your position, and navigate in a whiteout.

       

      Weather: Will the storm arrive in the next 12 hours, or the next 48? Understanding weather patterns and trends will help you plan successful trips in a wilderness setting.

    • KAYAKING SKILL

      カヤッキングスキル

      ・パドリングイクイップメント

      紀伊半島、知床半島のワイルドなコーストラインをトリップすることを通じて装備の基本的な考え方や扱い方などを学びます。カヤックのデザインやウェリング、レスキューギアやガイドが使用するプロフェッショナルギアなども併せて学びます。

       

      ・パドリングスキル

      総合的なパドリングスキルをツアーを通じて学びます。基本的な各種テクニックを学びアドバンステクニックまで習熟させます。

       

       

      ・カヤックマニューバー

      カヤックを一体となって操作することでより海との一体感が得られ、また波や風を考慮しながら移動することでより効果的な操作をすることができます。より楽にエネルギーロスを考慮しながらのカヤックマニューバーはツアーやエクスペディションにおいて重要なスキルの一つになります。

       

       

      ・ブレース

      ブレースはラフなコンディションにカヤックを安定させる重要なスキルの一つです。状況に合わせて使いこなすことでよりラフなコンディションでのセーフティーレベルを上げることができます。

      ・レスキュー

      様々なシチュエーションで各種レスキューを方法を学びます。各種セルフレスキュー、グループレスキュを学び状況に応じたより安全で確実なレスキュープランを決定、実施することが重要です。

       

      ・トーイング

      様々な状況でカヤックを牽引する技術は装備の扱いだけでなく、使用するシチュエーションを考慮する必要があります。また効果的に牽引する方法や非常時での対応方法も学びます。ツアー&エクスペディションにおいてはセーフティーグループマネージメントにおいて必要不可欠なスキルです。

       

       

      ・ナビゲーション

      長期のエクスペディションにおいてはより洗礼されたナビゲーションスキルが必要になります。コンパスワークからチャートと地形図、潮汐表を利用してより実践的なナビゲーション方法を学びます。Navigation is Art!

       

       

      ・グループマネージメント

      様々な価値観、バックボーンを持つメンバーとのツアー&エクスペディションにおいては摩擦や率直な意見交換が必要になります。また状況変化の大きい環境の中でのリーダーシップやフォローワーシップを学びます。

       

      ・コミュニケーション

      リモートエリアを行動するに当たってコミュニーケーション装備を携行することは必要不可欠と言えます。携帯電話だけでなく、Inrearchなどの衛星電波を使用した装備の使用方法なども学びます。また第三者へのレスキュー要請の方法やそのプロトコルやバックアップの考え方を学びます。

       

      Kayaking skill

      ・ Paddling Equipment

      Safely traveling the remote waters of Kii peninsula and Shiretoko peninsula requires that you have a thorough knowledge of your equipment and proper use. We’ll talk about kayak design, appropriate clothing, rescue gear, guide gear, and more!

       

      ・Strokes

       Forward, reverse, sweep, beam draw, and sculling draw: we’ll cover them all, and you’ll get ample opportunities to practice and refine your strokes.

       

      ・Maneuvers

      When coming in for a rescue, speed and efficiency are of utmost importance. We’ll learn and practice maneuvers such as the low brace turn, bow rudder and hanging draw.

       

      ・ Braces

      Paddling in rough conditions requires solid bracing skills. We’ll learn and practice the low brace, high brace and sculling brace in a fun, controlled environment.

       

      ・ Rescues

      What happens when you’re paddling with clients in the frigid waters and a boat capsizes? We’ll learn everything from the paddle-float rescue to the assisted bow rescue to kayak rolling.

       

      ・ Towing

      Whether you are pulling an injured kayaker away from booming surf or lending a helping hand to a seasick client, you’ll learn the finer points of a towing system and the criteria for towing.

       

      ・Navigation

      Expeditions in the meandering waters  require solid navigational skills,

      including how to use deck compasses, read charts and position off land features.

       

      ・Group Management

      Managing a pod of kayaks on a windy day is challenging. You’ll learn techniques for managing safety with a group on the water

       

      ・ Communication

      Devices are amongsome of the communication devices that we’ll review during the course. You’ll learn the protocols for effective communication in a wilderness setting.

    © 2018 by PACIFICRIMSPORTS

    • White Instagram Icon
    • ホワイトTwitterのアイコン
    • White Facebook Icon